スクリーンプリントは、

顔料(油性顔料・水性顔料)
染料(分散・酸性・反応)
シリコーンインクを使用しプリントしています。

スクリーンなので、必ず版を使用してプリントします。
今日は、版とはなにか?
どうやって印刷していくのか?
プリントの仕組みをご説明していきます。

スクリーン印刷の技術詳細ページはこちらよりお進みください▶

 

スクリーン印刷の仕組み

版にインクを乗せ、オープニングと呼ばれる
糸と糸の間の空間(穴・孔)から
スキージ(ゴムのヘラ、または金属のヘラ)
を使ってインクを押し出し、
画像パターンを形成する単純な印刷法です。

 

版のオープニングです。
※このメッシュの穴(孔)の部分がオープニングです。

 

インクは版を通過して印刷物に印刷されるため、
版から印刷物に転写される
他の版式の印刷方法(凸版印刷など)とは異なり、
図像が反転しないという特徴があり、
古くから捺染や印染などの伝統工芸として
日本に根付いている工法です。

 

スクリーンプリントでは版を使用してプリントします

 

※これが版です。
ここにインクを乗せて
スキージでインクを押し出して
印刷物にプリントしていきます。

 

他に、凸版や平版といった印刷法では、
刷版に付着するインクしか対応できず
インクの付着量にも限界がありますが、
シルクスクリーンでは、
極端な話しインクが穴を通り、
印刷物に接着すれば
水と空気以外のあらゆる物質に印刷可能なので、
インクを選ばず、インクの転移量も
版の厚みを変えることで調整ができます。

なので、顔料インク・染料・シリコーンインク・バインダー類
全てスクリーンでプリントできます。

 

※凸版印刷とは非印字部分より印字部分が高く、
そこにインクをのせて
リボンやテープに転写していきます。
簡単に言うと、
リボンやテープにハンコ・ゴム印を押すような
イメージでプリントしていきます。

凸版印刷の詳細はこちらからどうぞ▶

 

スクリーンプリントの印刷風景です

これは、スクリーン印刷のプリントをしているところです。
手で印刷する場合(手捺染)もありますが、
前田ネームでは機械を使用してプリントしています。

 

これまで説明してきたとおり、
スクリーンでプリント加工するには、
まず、版が必要になります。(有料)

そこで、試作の段階で版を作成します。

1度版を作成したら、そのデータが変更にならない限り
量産の際に版を作成することはありません。

版の大きさは最大1mまで。
(長いデザインの場合はご相談ください)
※場合によっては(デザインによって)対応できないものもございます。
予めご了承ください。

 

そのほか、
スクリーン印刷のお見積が欲しい!
版製作にかかる費用が知りたい。
などなどご質問等ございましたら、
一言で構いません。

お問合わせください。
折り返しご連絡させて頂きます。

🔻こちらよりお問合わせページにお進みください。

スクリーンプリントに関してのお問合わせはこちらからどうぞ!