みなさん、こんにちは!
前田ネームのWEB担当 前田です!
皆様、いつもお問い合わせを頂き誠にありがとうございます。

最近、細いリボンにシリコーンのラインを引いて
アクセサリーなど小物の滑り止め効果を出したいんだけど、できますか?
というような内容のお問合わせをよくいただきます。

もちろん、可能でございます!!

そこで!今回は、ヘアアクセサリーなどの小物用の滑り止め加工に関して
今までに頂いたご質問を元に、少しご説明させていただきたいと思います。

小物用の主なシリコーン滑り止め加工のパターン3つ

①シリコーンプリントで文字(ロゴ 等)を入れて滑りどめにする

シリコーンでロゴやマークをプリントして滑り止め

②シリコーンのラインを入れて滑りどめにする

シリコーンラインで滑り止め

③顔料インクや染料で文字(ロゴ 等)をプリントして、
その上からシリコーンラインを入れて滑りどめにする

ロゴやマークをプリントしてからシリコーンラインで滑り止め

■ロゴを入れて滑り止めにしたい!というお客様には、

①シリコーンインクで文字(ロゴ)を入れる
②ロゴをプリントした上から、シリコーンのラインを入れる

どちらかをオススメしております。

■シリコーンの面積が多い方が、滑り止め効果は高まります。

■シリコーンラインについては、こちらの記事でも説明しております▶

特徴

①文字(ロゴ)入れ

②ライン引き

③文字(ロゴ)の上からライン

コスト

やや安い

標準

高い

滑り止め効果

弱い

標準

標準

スピード

やや早い

標準

時間かかる

自由

透明のみ

文字→自由

ライン→透明のみ

必要

不要

必要

※②を基準に考えています。

生地

伸びる生地にも加工できます。

例えば・・

・バインダーテープ
・コールゴム
・ニットテープ
・ストレッチテープ
・レース
・袋紐テープ

など。

テープやリボン、平ゴムなど生地の手配が難しくても
前田ネームではリボンやテープの手配が可能です。

注意点

・サテン
・グログラン

上記2点は、
シリコーンがくっつきにくい・剥がれやすいので
シリコーンのプリント加工にはあまり向きません。

サテンとグログランテープ

その他

後加工・・カットすることもできます。

弊社のシリコーンプリントは、
ロール状でプリント出来る生地に対応しております。
申し訳ありませんが、靴下などの既成品には対応しておりませんので、
予めご了承くださいませ。

その他、こんな生地にはシリコーンプリントできるの?など
疑問・ご質問等はお問い合わせボタン↓より
お気軽にお問い合わせくださいませ!

シリコーンプリントについてのご相談はこちらからどうぞ